導入事例 名古屋臨海高速鉄道株式会社様

名古屋臨海高速鉄道株式会社様

IT活用の最適化によってシステム改修費用の
4割を削減、IT診断サービス

システム専門要員の不在による課題を、IT診断サービスで支援

2014年4月の消費税法改正対応や、駅務機器(定期券発行機、自動改札機など)更新等のプロジェクトを控えていた名古屋臨海高速鉄道株式会社様(以下、名臨高様)。設立時からシステム構築を外部委託していたことで、内部にシステムの専門要員がおらず、ベンダーから提示されるシステム改修の見積に対して、知見不足から妥当性が判断できない状態でした。そこで、名臨高様の大規模なシステム改修をコンシストのIT診断サービスによって支援させていただきました。

●ITのプロの視点で、お客様の環境やIT利用状況を診断

現状の分析として2千頁に上るドキュメントに目を通し、現行ベンダー様へのヒアリングを行うことで、消費税法改正対応時、駅務機器更改時にどのような影響があるかを精査。それにより、お客様の環境やIT利用状況を十分に理解したうえでのベンダー調整が可能に。

●システム要件~提案依頼書の作成まで徹底サポート

システム改修における方針策定の支援、システム要件を整理し、提案依頼書として取りまとめを実施。また、システム調達コスト削減のために提案型競争入札とし、入札のためのプロセス・基準の整備(評価基準、評価ツールの作成など)まで徹底サポート。

●IT診断サービスがもたらした、4割にも及ぶ削減効果

当初の見積もり段階では、必要のないシステム改修の金額が見積りに含まれていたが、IT診断サービスによってシステム要件を精査し、調達に競争を導入したことによって、適正な見積金額となり、最終的には4割にも及ぶ削減効果をもたらした。

名古屋臨海高速鉄道様のご感想

弊社内にはシステムに精通した者がおらず、経営上重要な消費税改正や駅務機器更新の対応方針を判断するに際し困っていたところでコンシスト様にサポートを依頼しました。
コンシスト様は、鉄道関係の専門家ではありませんが、最初の打ち合わせ段階から弊社の事を十分に理解し、難問を解決すべく精力的に動いてくれました。

期日が決まっていて時間が限られている中での作業でしたが、弊社が作業を依頼しようとしている各社に対して簡単な資料でしか伝達できなかった事項を、きちんとしたドキュメント形式に整理した上で、各社との打ち合わせにも同席して、弊社がうまく伝えきれない内容があればサポートするなど、弊社のITスキル不足による悩み解消に十分に応えていただきました。

おかげ様で、発注するベンダーも無事決定し、プロジェクトも軌道に乗りましたので、今後は、あおなみ線をご利用なさるお客様へより良いサービスを提供できるよう着実に進めていきたいと思います。

名古屋臨海高速鉄道株式会社 ご担当者 様

システムに精通した専門要員などの社内リソースが不足している場合は

大型のシステム構築・更新プロジェクトにおいて、要員など社内リソースが不足している場合には、プロジェクトの早い段階から専門家によるサポートを受けることで効率的かつ効果的に進めることが出来るようになります。そのような課題でお困りの方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

IT診断サービス

豊富な経験を持ったコンサルタントが、現状業務の可視化や現行システムの調査・分析内容に基づき、お客様にとって最適なIT環境をご提案いたします。

名古屋臨海高速鉄道株式会社

「名古屋西南部地域の足として」
平成16年10月6日に全線開業したあおなみ線を運営。
名古屋市、愛知県、名古屋港管理組合、日本政策投資銀行、そして東海旅客鉄道株式会社をはじめとする民間企業各社の出資により、第三セクターとして平成9年12月2日に設立。
今後もあおなみ線とともに、沿線地区及び名古屋港地域の開発と活性化に寄与いたします。

設立 平成9年12月2日
本社 名古屋市港区十一屋一丁目46番

お問い合わせ

ページトップへ