Casestudy富国生命保険相互会社様

富国生命保険相互会社様

相互理解が実を結んだ
「不動産管理システム」

不動産管理システム

不動産部不動産課管理係長 田中 英樹様
不動産部不動産課調査役 大坪 和人様

食い違いの先に共通理解

富国生命が所有するビルなどの固定資産管理とそこに発生する支払管理。この2種類の支払いと分析をトータルに行う不動産管理システムの導入と運用までには、さまざまな試行錯誤があった。
「スタートラインは、多岐にわたり複雑な業務の流れをつかんでもらうこと。これまでの問題点を洗い出し、ペーパーにまとめて(コンシストに)渡す。このくり返しが続いた」
当時のやり取りを田中氏はそう振り返る。それまでにないまったく新しい事務処理。それをどのように行うか。業務フローについては担当各社員によってかなり煮詰められたという。コンシストはそうしてつくられた資料を元に現状分析と提案を行った。しかし、
「現状分析の細かな点で、当初はかなりの食い違いが見られた」(田中氏)。
それまでになかった新しい仕組みは簡単に構築できるものではなかった。しかし、日々、担当者がていねいな交渉や工夫を重ね「システムに対する『共通のイメージ』を育んで」(田中氏)、両社はその関門を突破していった。押しつけではなく、顧客とともに実直にシステムを築き上げていくコンシストらしさが発揮された場面だった。

対応の早さが信頼につながる

実際の運用が始まると今度は「枠組は安定していたが、細かな障害が多々発生しその調整が大変」と大坪氏が振り返るように、小さな問題が降りかかる状況が待っていた。しかし
「(コンシストは)素早く、そして、ねばり強く対応してくれた」(大坪氏)
というように、障害について迅速で的確な状況理解と反応が見られたことで、両社は一層相互理解が深まったと言う。
「システムは納品されて半分」と田中氏は話す。その後のサポート、フォローあってこそのシステムであり、
「(コンシストは)そうしたフォローまで含めて信頼できる」。
と、田中氏はコンシストの働きを認めてくださった。さらに、決算期など一刻を争う時期の「対応の早さは信頼に値する」と、多忙なセクションを受け持つ立場ならではのうれしい本音も聞かせてくれた。

ともに育んだ信頼だからこそ

コンシストとの関係は
「遠慮なくモノが言い合える“同じ職場の人”と思える関係」(大坪氏)
「無理やわがままもたくさん言ったし、これからも言うけれども、末永くよろしく」(田中氏)
と、両氏とも照れたような笑顔を見せてくれた。試行錯誤を経てこそ生まれる相互理解。そして徐々に育んでいった信頼は、今後もさらに太く大きく実っていくことだろう。

導入ソリューション・サービスについて

業務システムソリューション

フルオーダーシステム開発、既存パッケージシステムの導入・カスタマイズ開発、弊社オリジナルのスケルトンパッケージを利用したセミオーダーシステム開発のサービスをご提供しております。

インフラソリューション

お客様の業務の土台となる「社内ネットワーク環境」や「インターネット環境」の構築、「情報システム構築に伴うネットワーク」の拡充などについて、最適なご提案・構築をいたします。

お問い合わせ