導入事例 清水鋼鐵株式会社様

清水鋼鐵株式会社様

不測の事態で確実に機能、企業の特性に
フィットしたBCPシステムの構築

BCP対策の要所をおさえたDRシステムを低価格で実現

多岐に渡る鉄鋼事業を展開する清水鋼鐵様は、東日本大震災のような大規模災害によって基幹業務を担う本社機能の麻痺、それによる全拠点の管理業務停止の可能性を懸念し、既存環境の改善を検討されていました。
そのような課題に対し、事業継続計画(BCP)として”大規模災害罹災時でも本社業務の継続を可能”とするディザスタリカバリシステム(以下、DRシステム)を当社のインフラソリューションにて導入支援をさせていただきました。

VPNネットワーク 平常時

VPNネットワーク BCP発動時

●限られた予算の中でお客様の経営計画に合致するシステムを追求

ハードウェアベンダーが提供しているストレージレプリケーションの機能とVMware社が提供しているディザスタリカバリ管理ソフトを組合せたDRシステムの構築により、低価格に抑えたご要望のBCP対策を実現。

●事業継続計画(BCP)を可能にしたDRシステム

平常時に本社と拠点のサーバー間でデータレプリケーションを行い、BCP発動時は拠点の仮想マシンへの切替えが作動。仮に大規模災害発生によって本社機能がダウンしても、拠点サーバーとレプリケーションデータを使用することで本社機能の代替、すなわち事業の継続が可能に。

清水鋼鐵株式会社様のご感想

当初、二重化構成にすると単純に費用は倍になるものと思っていたため、そのような構成は考えから除外していましたが、コンシスト社から安価な費用でご提案頂いたDRサイトはまさに弊社のニーズの真意を汲み取った構成でした。DRサイトが稼働した現在、浦安本社と苫小牧それぞれに構築したサーバーは双方向にデータ同期がされているため、罹災によるデータ紛失という不安を解消しただけではなく、DRサイトを含め全社で策定した事業継続計画(BCP)により事業継続も可能になりました。
ただせっかく構築したDRサイトですが、できればBCP発動という事態にはなって欲しくないですね。そういう意味で、このDRサイトは、弊社には災害に対する備えがあるというアピールポイントとして、取引先様からの安心感、信頼感を持って頂けるアイテムとして活用していきたいと思っています。

清水鋼鐵株式会社 苫小牧製鋼所 製造部付 プロジェクトリーダー 中田明夫様

「不測の事態にどう対策すべきか…」とお悩みの方へ

BCP対策は、企業の存続にとって重要であるにも関わらず、将来的なイメージを掴めないためなかなか踏み込めないというお客様も多くいらっしゃいます。そういった場合は、例えばサーバーリプレースなどの他のシステム案件と関連付けて費用を抑えつつ、BCP対策を盛り込んでいくことも可能ですので、お気軽にご相談ください。

インフラソリューション

お客様の業務の土台となる「社内ネットワーク環境」や「インターネット環境」の構築、「情報システム構築に伴うネットワーク」の拡充などについて、最適なご提案・構築をいたします。

清水鋼鐵株式会社

『鉄のことなら何でもお任せください!』
昭和12年の創業以来、鉄資源をリサイクルして鉄筋棒鋼を製造、大型産業機器・船舶部品となる鍛鋼品の製造、各種鋼材、鉄スクラップの販売まで、幅広く鉄鋼事業を展開。
『製品を造るのではなく、商品を創る』をモットーに、鉄一筋に歩んできた経験と技術を携え、さらなる成長を目指してまいります。

corpPhoto
創業 1937年12月
本社 千葉県浦安市港54番
事業所 浦安事業所(千葉県浦安市)
宇都宮製作所(栃木県宇都宮市)
苫小牧製鋼所(北海道苫小牧市)
事業内容 鉄筋棒鋼、鍛鋼品の製造、各種鋼材、鉄スクラップの販売、鉄資源のリサイクル

お問い合わせ

ページトップへ