お客様の声

日本自動車ターミナル株式会社様

発注者と受注者という関係を越えて/経営管理システム

互いの信頼から始まるプロジェクト

システムの発注候補先はコンシスト以外にもいくつかあったという。競争の激しいIT業界では当然のことだ。だが、
「初めから親切に、素人の我々にもわかる言葉で説明してくれた。うん、これは信頼できるなと思った」 と破毛氏は振り返る。さらに、その評価は今も変わっていないとも。顧客企業とともに一からシステムを作っていこうという姿勢は、自ずと相手へ伝わっていく。そして認めあった相手とのビジネスは、難問が生じても建設的な解決が見い出されていくものなのだろう。
「お互い、相手を信頼しあう。仕事の始まりも成果も、それにかかっている」(破毛氏) 日本自動車ターミナル社様とコンシストの信頼関係が、本プロジェクトを成功へと導いた。

地図を作りながら山に登るようなもの

「施設賃貸借に関わる複雑な請求業務を、効率良くシステム化したかった。さらに言えば、情報資源の活用化を目指したかった」 吉岡氏が話すそんな思いから同社の「経営管理システム」開発はスタートした。コンシストとの関わりは
「我々の問題点や今後のあるべき姿を見い出す見事なレポートを提出してくれたことが出発点」(吉岡氏) だったという。
しかし今後のあるべき姿を見い出したところで、システムは一朝一夕に構築されるものではない。組織レベルでシステム化を推進していくためには、多いに努力が積み重ねられていった。
「現実的に、どこまでどんなシステムを作っていくのかが最初の大きな課題。ネットワーク全体とからめたどういう基盤を作るかでも相当議論した。(コンシストへの)相談も、もう朝晩問わず」 と小松氏は振り返る。OAリーダーとしてチームを作り、仕事の傍ら勉強を続けて、コンシストからの提案書を検討したという。
たとえば地図のない山に、地図を作りながら登るような状態のようなもの。「頼れる案内人」と一緒になって作りあげたシステムという自負が、小松氏の表情からは感じられた。

受注者ではなくアドバイザリースタッフ

「今後は今あるシステムの活用が課題。もちろんメンテナンスも含め、コンシストさんを頼りにしているのはいうまでもない」(野田氏)。 システムが完備した現在は、山の地図で言えばルートが整備された状態だ。そのルートを作った点からも(コンシストと)関わった意義は大きいと言う。コンシストをどう評価するかを問うと、
「我が社にとっては、すでにアドバイザリースタッフ」と、うれしい答えが帰ってきた。発注者と受注者の関係を越えたスタッフという存在。この評価に恥じぬよう、今後もさらなる信頼を築いていきたい。

※ 当記事は「経営管理システム」を構築した当時のご担当者さまにインタビューを行ったものを掲載しております。