テレワークに向いている職種・課題とは?課題解決策も解説

働き方改革や新型コロナウイルス感染症対策への取り組みにより、従業員のテレワーク・リモートワークを導入する企業が急速に増加しました。在宅勤務に適したシステムやツールも続々登場しており、今後も多くの企業や職種でテレワークが一般的となっていくでしょう。

しかし、テレワークの導入は決して簡単ではありません。職種によってはテレワークとの相性が悪く、導入するにあたり大きな課題を解決させなければならないケースもあるでしょう。

そこで今回は、テレワークの導入が比較的容易に可能な職種4つと、導入が困難な職種4つを解説します。加えて、テレワーク導入に関する課題とその解決策も紹介するため、テレワーク導入を少しでも検討している企業は、ぜひ参考にしてください。

1. テレワークの導入が可能な職種4選

近年、働き方の多様化や新型コロナウイルス感染症の感染拡大対策によって、テレワークが注目されています。中でも、テレワーク導入が比較的容易な職種においては、新型コロナウイルス感染症が流行した初期の段階で、早くもテレワークへの移行を完了させたケースが多いです。

では、テレワークの導入が比較的容易に可能な職種とは、一体どのような職種でしょうか。まずは、テレワークの導入が可能な職種を3つ紹介します。

〇事務職

経理・総務・人事業務を行う事務職は、デスクワークがメインとなるため、テレワークの導入が容易です。通常業務においてもほとんど一人で作業を取り進めることが多いため、テレワークの導入において大きな課題点は基本的にありません。多くの企業において、テレワークの導入率が高い職種だと言えるでしょう。

〇クリエイティブ職

デザイナーなどのクリエイティブ職も、デスクワーク・一人での作業がメインとなるため容易にテレワークへの導入ができます。実際にフリーランスとして自宅で仕事を行うデザイナーも以前から多くいたため、むしろテレワークの働き方の方が向いている職種と言っても過言ではありません。

〇営業・コンサルタント職

デスクワークがメインではない営業・コンサルタント職も、意外とテレワークに適した職種です。近年では稟議申請や会議もWeb上で済ませられるシステムやツールが豊富に登場しているため、比較的容易にテレワークへ移行できます。たとえ取引先と直接会って会議を行わなければならないとしても、オフィスに立ち寄らず直行直帰ができるため、むしろ業務効率が向上するケースもあるでしょう。

〇エンジニア・カスタマーサポート職

システムの開発や運用など、PC上での作業が多いエンジニアもテレワークに適した職種です。チーム内の連携もチャットやオンラインで素早くコミュニケーションを図ることができるので、期日までに成果物を納めることができれば、場所は選ばず仕事を進めることが可能です。また、日頃顧客対応を行っているカスタマーサポート職も、通信環境が整っていれば場所を選ばずに業務を行うことができるので、テレワークに適しています。

2. テレワークの導入が困難な職種4選

テレワークへの移行が容易な職種がある一方で、その職種の特質ゆえに移行が困難な職種も存在します。特に、私たちの日常生活を維持するために必要な医療従事者の方や、物流・販売に携わる方など、エッセンシャルワーカーと呼ばれる職種はテレワーク導入が困難である現状があります。

具体的に、テレワークの導入が困難な職種について紹介します。

〇製造業

工場などの現場で対応すべき業務が中心となっている製造業は、テレワークへの導入が難しい職種です。テレワークへ移行しようと思えば、専用の機械を自宅に設置しなければなりません。しかし専用の機械は自宅スペースでは収まらないであろう大型のものが多いため、テレワークへの移行は非現実的と言えます。

〇物流業

人々の生活や命を守るライフラインである物流もまた、現場での作業が伴う為テレワークの導入が難しい職種です。ドライバーではない作業員などであれば、直行直帰などのモバイルワークや営業所などを活用したサテライトオフィス勤務などにより通勤時間を削減することなどができますが、実際にモノを運ぶドライバーは対面での点呼が原則必須となっており、基本的にはテレワークの実施は不可能であるのが現状です。

〇販売職

店舗に来店したお客様との直接的なコミュニケーションが必須の販売職も、テレワークの導入は困難です。近年ではセルフレジを設置する店舗も増加傾向にありますが、直接顧客対応のできる従業員の存在は依然として必要でしょう。技術の進化により、オンライン上での顧客対応などが可能となる将来もそう遠くないものの、このような技術を駆使できる機械の導入には莫大な費用が生じる可能性も十分考えられます。

〇医療・介護職

昨今、新型コロナウィルスが蔓延している影響もあり、医療職の方は患者につきっきりで仕事をしなければなりません。医療器具も病院にしかない為、テレワークは不可能といっても過言ではありません。また、介護職も同様に、介護が必要な施設利用者を対面でサポートすることが主な仕事であり、そもそもテレワークへの移行が不可能な職種の代表格と言えるでしょう。

3. テレワーク導入に関する課題と解決策

テレワークの導入は、働き方改革や新型コロナウイルス感染拡大対策という社会的要請から進められています。そのため、あらゆる分野の企業においてテレワークが積極的に導入されていることが現状です。

しかし、テレワークを本格的に導入する上では、職種によっていくつかの問題・課題が発生することも忘れてはなりません。ここからは、テレワーク導入に際して解決が求められる課題をそれぞれ紹介します。各課題に対する対策や解決策も説明するため、ぜひ参考にしてください。

3-1. 【セキュリティ】社内ルールの設定

テレワーク導入により、基本的に社員はオフィス以外の場所(主に自宅)で勤務することとなります。多くの場合、自宅のパソコンやインターネット環境を使って仕事を行うこととなるでしょう。

しかしオフィス以外で、オフィスのような画一的で厳重なセキュリティ管理を行っている場所はそう多くありません。そのため、情報漏えいやウイルス感染などのセキュリティリスクが高まってしまいます。

そのため、テレワークを導入する際はセキュリティ対策が必須です。社内でのセキュリティ管理をしっかりルール化し、厳正に対策を行う必要があります。

そもそもセキュリティ上の問題は、ソーシャルエンジニアリングやソーシャルエンジニアリングに類するものが原因となることがほとんどです。ソーシャルエンジニアリングとは、ネットワークへの侵入に必要なID/パスワードの機密情報を、管理者になりすまして聞き出す・覗き見するなど主に心理的な隙につけ込んで盗み出す方法を意味します。

ソーシャルエンジニアリングによる情報漏えいを防ぐためには、社員一人ひとりに対するセキュリティ意識が重要です。そのためには、社内ルールの厳格化や明確なルールの設定が求められます。

3-2. 【コミュニケーション】ツールの活用

テレワークを導入すると、社内・社外でのコミュニケーションが出勤時と比較してやや困難となります。社員がオフィス内という同じ空間にいるときは、些細な情報も手軽に対面で共有することが可能です。しかしお互いが別の空間となるテレワークとなると、業務効率化につながるようなお役立ち情報や、社内の共有情報を手軽に伝達することが難しくなるでしょう。

また、対面での会話は相手の顔色や声色、さらに仕草から読み取れる情報も多くコミュニケーションエラーが起こりづらくなります。一方で、テレワーク中の会話はチャット・メールなど文字でのやり取りが基本です。顔色や仕草を見ることができないため、コミュニケーションエラーが起こりやすくなります。

テレワークの導入前と変わらない円滑なコミュニケーション環境を構築するためには、Web会議システムやファイル共有システムなどの「コミュニケーションをサポートできるシステム・ツール」の導入が欠かせません。

またコミュニケーションツールを導入するときも、システム・ツールの使い方や運用に関するルールを策定し、社員全体に浸透させることが重要です。

3-3. 【社員教育】アウトプットと定期的な声かけの実施

社員全員がオフィスに集まらないテレワークの導入は、社員教育の難易度が一段と上がります。具体的な問題点・課題点は、上司や先輩と同じ空間で働けないことによってOJTが効果的に行えないこと、業務手順の上司や先輩と共有したり、非効率的な作業を修正したりすることが難しくなることの2点です。なお、OJTとは上司や先輩が部下や新人社員の目の前で、実際に仕事を行いながら指導・教育する方法を意味します。

上記2点の課題を解決するためには、社員自身が成長を感じられるよう、社員研修にアウトプットの機会を設けたり、テレワーク中も上司が積極的に声をかけたりすることが重要です。

特にテレワーク中の社員教育は、コミュニケーション不足が起こりやすくなるため、積極的にコミュニケーションをとることは大前提と言えるでしょう。定期的な声かけだけでなく、社内SNSや日報を設けて、新人社員が気兼ねなく相談・報告できるプラットフォームを作ることも有効と言えます。

まとめ

テレワークへの導入には、さまざまな課題が生じます。スムーズに移行させるため・導入後の生産性低下を防ぐためには、あらかじめ課題点を洗い出し、対策・改善に向けた取り組みを行わなければなりません。ここまでの内容を参考に、ぜひ各課題に対する解決策を実践してみてはいかがでしょうか。

テレワーク導入のポイントは、適切なツール導入・運用です。株式会社コンシストでは、各企業の仕事環境や業務内容に適した最適なテレワークの実現を目指せる「テレワーク環境導入サービス」を提供しています。オフィスと変わらないセキュリティレベルを保つサービスを短期かつ低コストで導入が可能です。

また、別コラムでは「テレワークの生産性向上につながるシステム・セキュリティ対策」についても紹介しています。基本的なシステムの種類から、各種類、どのような効果が見込めるのかといった解説や、セキュリティ対策のアイデアにも触れています。テレワーク対応を検討されている方はぜひ、ご覧ください。

■関連コラム【テレワークに役立つシステムの種類】|セキュリティ対策の考え方も

お役立ち資料ダウンロード

不動産業界の働き方改革方法のご紹介や、賃貸管理システムの選定方法や導入時に気を付けるポイントなど、不動産業界におけるお役立ち情報を公開しています。

 

お役立ち資料

ダウンロードはこちら

新着コラム

不動産管理業務でお悩みの方、
まずはご相談ください。

ページトップへ