不動産業界が顧客管理で抱える課題とは?課題への対応策も解説

不動産業界は、人々の暮らしと密接に関わる業界の一つです。不動産業界が成長するためには、時代とともに変わる暮らしのスタイルに合わせた経営アプローチが必要となります。

しかし、企業によっては、顧客管理が効率的・効果的に行えていないケースがあります。

そこでこの記事では、不動産業界が顧客管理で抱える課題と対応策について解説します。顧客管理におすすめのツールも紹介するため、不動産会社の経営者・営業担当者は、ぜひ参考にしてください。

1. 不動産業界が顧客管理で抱える4つの課題

不動産業界の顧客管理は、古くから同じシステムが使用されていることが多く、時代の変化に取り残されている傾向にあります。そのため、不動産業界に特有の課題が存在しています。

ここでは、不動産業界が抱えている顧客管理に関する4つの課題について解説します。

1-1. 業務の効率化・自動化が進んでいない

一つ目の課題は、業務の効率化・自動化が進んでいない点です。

不動産業界では、従業員が手作業で業務を進めているケースが多くあります。顧客情報の登録・更新やメール送信、物件の提案など、不動産業界の業務は多種多様です。そのため、各種の業務を手作業で行うと、大きな労力と時間を費やしてしまいます。

さらに、業務の効率化・自動化が進んでいないと、従業員の数を増やして対応する必要があるため、人件費の負担が大きくなる点もデメリットです。

1-2. 消費者行動の変化に対応できていない

消費者行動の変化に対応できていないことも、不動産業界が抱える課題の一つです。

現在は、インターネット上にさまざまな物件情報が掲載されており、場合によってはそのまま賃貸契約も行えます。また、少子高齢化により、顧客が持つ物件の選択肢は増加傾向にあります。

そのため、顧客はわざわざ店舗に足を運ぶ必要がなくなっているうえに、物件に求める条件が多様化しています。

不動産業界では、従来の手法で顧客管理を行っている限り、変化に対して柔軟に対応している企業に後れを取ってしまうでしょう。

1-3. 既存システムの老朽化に対応できていない

既存システムの老朽化に対応できていない点も、不動産業界が抱える課題となっています。

近年は、スマートフォンなどのさまざまなデバイスから、手軽に物件を探すことが可能です。そのため、古いままのシステムを使用していると、現代のユーザーニーズを満たせずに、顧客が離れてしまう可能性があります。

また、インターネットが普及していることから、セキュリティの強固さも重要です。既存システムの老朽化により、セキュリティが脆くなっていることは、ユーザーの満足度を低下させてしまう要素となります。

1-4. 情報共有が行える体制が整っていない

社内での情報共有がスムーズに行えない体制の企業が多い点も、不動産業界の課題と言えます。

顧客のニーズを的確に捉えるためには、社内で情報共有を行うことが重要です。しかし、企業によっては、担当者ごとに情報が管理され、情報共有が行える体制が整っていない場合があります。

社内で情報共有が行われていないと、同じ顧客に対して複数の従業員が別々に営業を展開してしまうケースも少なくありません。社内での情報共有が不十分な状態となっていると、顧客に不信感や不快感を与えてしまう可能性があります。

2. 顧客管理の課題を解決するCRMシステムの機能

CRMとは、「Customer Relationship Management」の略であり、日本語では「顧客管理」のことです。CRMシステムは、顧客管理を効率的・効果的に行うシステムのことを指します。

CRMシステムは、不動産業界が顧客管理で抱える課題を解決するために、有効な方法の一つです。CRMシステムには、下記の代表的な機能があります。

・顧客管理機能
・追客機能
・顧客分析機能

顧客管理機能とは、顧客の連絡先や取引情報などを管理する機能です。顧客情報を一元的に管理できるようになるため、業務が煩雑化しなくなります。また、データベースにアクセスすることで手軽に情報を確認・検索できるため、情報共有もスムーズに行えるようになるでしょう。

追客機能では、追客状況の管理やメール送信などを行えます。顧客分析機能では、顧客や売上に関する情報の集計・分析を行うことが可能です。分析したデータを活かすことで、消費者行動の変化に対応した追客が可能となり、営業活動の生産性も向上します。

2-1. CRMシステムを選ぶ際のポイント

CRMシステムを選ぶ際は、下記のポイントを押さえておくことが重要です。

・自社に必要な機能が搭載されているものを選ぶ
・顧客管理だけではなく、賃貸管理全般の効率化を考えて選ぶ

システムによって、搭載されている機能が異なります。機能性が高いほど高額であり、かつ操作が複雑な場合が多いため、不必要な機能は存在しないほうが、コストと操作性の両面から見て有利です。

また、顧客管理だけではなく、入金管理や請求管理など、賃貸管理に必要な機能が備わっているほうが業務を効率化できる場合があります。自社の課題に応じて、必要な機能を検討すると良いでしょう。

3. 代表的な不動産顧客管理システム3選

ここでは、代表的な不動産顧客管理システムについて、3つ紹介します。

〇いえらぶCLOUD
いえらぶCLOUDは、全国12,000社の導入実績を誇る、人気が高い顧客管理システムです。顧客の基本情報が自動で登録・更新されるため、手作業で入力する手間が大幅に省けます。また、スタッフの顧客対応記録も確認できるため、対応漏れがなくなり、業務の円滑化を期待できます。

さらに、希望条件に沿う物件の選定やメール返信も自動化できるため、「今すぐではなくとも、そのうち引っ越したい」といった見込み顧客にもアプローチすることが可能です。

〇ノマドクラウド
ノマドクラウドは、顧客の一元管理や自動返信機能、メッセージ機能など、さまざまな機能を備えた顧客管理システムです。ホームページでは、「1週間あたりの業務時間を約140時間削減できる」と公表しており、顧客管理の効率化を期待できます。

さらに、ノマドクラウドはLINEとの連携機能や、ビデオ通話機能も備わっている点が特徴です。

〇マルチユースV3
マルチユースV3は、ホームページとの連動や物件検索に対応している点が特徴の顧客管理システムです。ポータルサイトからの反響情報が自動で取り込まれるため、効率的にサービスの改善が行えます。

また、マルチユースV3は、機能を自由にカスタマイズできるため、幅広いニーズに対応している点が特徴です。サポート体制も充実しており、顧客管理システムの導入に不安がある場合でもおすすめできます。

4. 不動産・賃貸管理システムをお探しなら「スケルトンパッケージ」

受注後の賃貸契約を管理する場合は、「スケルトンパッケージ」がおすすめです。スケルトンパッケージは、顧客管理に特化しておらず、不動産管理全般を行えます。具体的には、物件管理・賃貸管理・収支管理・工事管理・クレーム管理など、不動産管理に必要なあらゆる機能が用意されていることが特徴です。

また、必要な機能のみを選択してセミオーダー型でシステムを構築できます。そのため、自社に必要なシステムを厳選し、コストを最小限に抑えることが可能です。余計な操作が生じないことで、操作性の面でも利点が生まれ、業務の効率化を期待できるでしょう。

機能性と操作性、導入コストの面から見て、賃貸管理を必要とする企業にとって、スケルトンパッケージは過不足のないシステムと言えます。

まとめ

現在、不動産業界は「業務の効率化・自動化が進んでいない」など、顧客管理に関する課題を抱えています。

顧客管理の課題を解決するために有効な方法が、CRMシステムの導入です。CRMシステムは、顧客管理機能・追客機能・顧客分析機能の3つの機能を備えており、システム導入によって、効率的・効果的な顧客管理の実現が可能となります。

賃貸契約を管理する場合は、不動産管理システムの中では、「スケルトンパッケージ」がおすすめです。スケルトンパッケージは、不動産管理全般を行えるシステムであり、必要な機能を自由に選択して利用できます。

自社の状況に合わせて、必要な機能が搭載されたシステムを導入しましょう。

お役立ち資料ダウンロード

不動産業界の働き方改革方法のご紹介や、賃貸管理システムの選定方法や導入時に気を付けるポイントなど、不動産業界におけるお役立ち情報を公開しています。

 

お役立ち資料

ダウンロードはこちら

新着コラム

不動産管理業務でお悩みの方、
まずはご相談ください。

ページトップへ