不動産会社に必要なブランディング戦略とは?

不動産業界は、毎年6,000社に満たない程度の開業・5,000社程度の廃業が見られる業界ともいわれます。競争の厳しい業界で「勝ち組の不動産会社」を目指すためには、明確な経営戦略が不可欠です。

当記事では、数ある経営戦略のうちの「ブランディング戦略」に焦点をあて、必要性と進め方を解説します。「不動産会社にブランディング戦略は必要か」「不動産会社のブランディングは、どのような方法が存在するか」といったことで悩んでいる経営者や営業・広報担当者は、ぜひ参考にしてください。

1. ブランディングとは?

ブランディングとは、自分自身の会社をブランド化し、他の会社と差別化するための活動・戦略全般を意味します。たとえば「新宿区の不動産会社といえば、この会社」といった認知を広めるための活動全般がブランディングです。

一般的な会社のブランディング戦略は、下記のような方法で進めます。

・ロゴマークを制作し、名刺やパンフレットに使用する
・キャッチコピーを作成し、広報活動に使用する
・ロゴマークやパンフレットをイメージカラーで統一する
・イメージキャラクターを作成し、プレスリリースなどでアピールする
・イメージソングを作成し、店内で流す

上記は全て、ロゴマークやキャッチコピー、イメージソングなどを認知させ、会社自体をブランド化する目的から実施される戦略です。ロゴマークやキャラクタ—を「抽象的ブランドメディア」、抽象的ブランドメディアを使用して制作されるパンフレットを「可視化ブランドメディア」と呼ぶケースもあります。

1-1. 不動産会社のブランディング事例

同じ業界の他社が取り組むブランディング手法の成功事例を知ることは、会社の認知度をアップさせるためにも重要です。

不動産会社で使用されるブランディング手法の事例は、下記の通りです。

・経営者の執筆書籍を出版する
・不動産会社の商業圏でCMを放送する

書籍を出版したりCMを放送したりする際には、まとまった金額の広告費を要することが通常です。限定的なコストでブランディングを実施するためには、営業ツールとして活用できる集客用のWebサイトを作成し、物件情報や実績を掲載する方法を検討しましょう。

2. 不動産会社にブランディングが必要な理由

不動産会社は、マンションやアパート、テナントなどの物件を商材として扱います。一般媒介契約の場合は複数の不動産会社が同じ物件を扱うため、商材による差別化を図ることは困難です。そのため、会社自体をブランド化し、「特定の街における物件探し(分譲住宅の購入)はこの会社」といった認知拡大を図ることが重要となります。

また、多くの人にとって住まいに関する取引は、頻繁に経験する行為に該当しません。継続的なブランディングに取り組むことが、住まいに関する悩みや取引需要が生じた際の集客力を高めることに貢献します。

さらに、不動産会社にとってのブランディングは、下記のような観点からも重要です。

・お客様に安心感を与え、契約に際する不安を軽減する
・会社の強みやコンセプト、他の会社には存在しない付加価値を明確に伝える

住まいに関する取引は高額なお金が動くからこそ、お客様は信頼できる会社と付き合うことを希望します。「この会社であれば安心して契約できる」といった印象を与え、不安を軽減することも、不動産業界で勝ち組となるためには重要な要素です。

3. 不動産会社におけるブランディング手法のポイント

不動産会社には不動産会社特有のブランディング手法が存在するため、ポイントをふまえた対策が不可欠です。飲食業界・宿泊業界といった他の業界の手法をそのまま真似することは、失敗を招く結果となりかねません。

不動産会社におけるブランディング手法のポイントは、以下の3点です。

3-1. 競合他社と差別化できる「強み」を探す

まず、不動産会社の強みを探し、可視化した上でブランドメディアに反映させましょう。たとえば、下記のような内容が、競合他社と差別化できる「独自の強み」に該当します。

・東京の大学生向け物件をメインに扱い、新生活を親身にサポートしている
・高品質の注文住宅を可能な限りの低価格で提供できる
・自社管理物件のみを紹介するため、スピーディーにやり取りができる

「なぜ、競合他社ではなく自分の会社との契約がおすすめであるか」といったことを考えると、独自の強みを見出せます。担当者の人柄や会社の立地、扱う物件のブランドイメージなどを総合的に考慮し、独自の強みを見出して、ブランディング戦略へ活かしてください。

3-2. 適切なターゲットを設定する

不動産会社のブランディング戦略では、適切なターゲットを設定することもまた大切なポイントです。独自の強みを効果的にアピールできる対象をターゲットに設定し、ブランディング戦略を展開しましょう。

ターゲットを設定する際には、できる限り詳細に「ペルソナ」レベルまで落とし込むことが大切です。ペルソナとは、年齢や社会的な属性、趣味や価値観などを含む、仮の登場人物を意味します。たとえば「新宿区のファミリーマンションを探す人」をターゲットに設定した場合、以下のような内容のペルソナを作ることが可能です。

・30代の男性で妻と二人暮らし
・年収は800万円程度
・マンションブランドのイメージや外壁デザインを重視する
・賃貸住宅の家賃を支払うことを「損」と感じ、マンションの購入を決意

詳細なターゲットを設定することで、ターゲット層に響くメッセージやアピール内容を具体化できます。「誰に対しても響くアピール」ではなく、「特定の層に強く響くアピール」を念頭とした、ブランディング戦略を進めましょう。

3-3. ブランド化する対象を明確化する

中古住宅の仲介やリノベーションなど、複数事業・サービスを展開する会社の場合は、コア事業をブランド化し、目的特化型のブランディングを進めることも選択肢です。たとえば、建売分譲事業・注文住宅事業を展開する会社であれば、いずれかの事業に親しみやすい名前をつけ、ブランド化する方法を検討できます。

また、経営者や店長、会社の名前や営業地域をブランド化する方法も選択肢の1つです。経営者や店長をブランド化するなら、Webセミナーを開催する方法がおすすめです。自社物件を扱う不動産会社の場合は、物件のシリーズ名をブランド化する方法もよいでしょう。

3-4. 策定したブランディング戦略を継続する

ブランディング戦略の実践では、長期的な計画を立て、段階的に進めることも大切です。サービスや経営者、会社の名前などをブランド化するためには、一定の期間を要します。すぐに成果が見られなくとも諦めず、継続的に実践することが、ブランディング戦略成功の近道です。

長期的な計画である場合は、進捗状況の確認ポイントを作成し、中間地点における効果検証を行うことも大切なポイントの1つといえます。効果検証時点の目標を達成できない場合には改善点を見出し、計画の修正を行いながら目標達成を目指しましょう。

まとめ

今回は、不動産会社に必要なブランディング戦略のポイントやノウハウを解説しました。

不動産会社の売上アップを図る方法は、ブランディング戦略のみに留まりません。たとえば、魅力的なWebサイトの作成です。近年では、スマホやPCから情報収集し、問い合わせ先を判断する人が多く、マーケティング視点で構築されたWebサイトを持つことの重要性は高いといえます。

不動産業界は競争が激しいからこそ、競合他社との差別化を図るための手段として、会社やサービスのブランド化を図ることが大切です。不動産会社の売上アップを実現するためには、企業価値アップを助けるWebサイトの構築もまた欠かせない要素といえます。

コンシストのWebサイトソリューションは、不動産業界にも詳しく、ITにも精通している担当者がWebサイトを制作します。ぜひご相談ください。

Webサイトソリューション

コンシストは事業支援を実現する為に徹底した現状分析を行い、目的・コンセプト・ターゲットを明確に捉え、単なる「カタログ」にとどまらない、ビジネスに「活きる」Webサイトを提供いたします。

お役立ち資料ダウンロード

不動産業界の働き方改革方法のご紹介や、賃貸管理システムの選定方法や導入時に気を付けるポイントなど、不動産業界におけるお役立ち情報を公開しています。

 

お役立ち資料

ダウンロードはこちら

新着コラム

不動産管理業務でお悩みの方、
まずはご相談ください。

ページトップへ