不動産の管理といっても、個社ごとに書式の違う契約書類や社内の管理資料、運用フローは多種多様です。管理の方法を「昔からのやり方だから・・・」と改善を諦めてはいませんか?
多数の不動産システムの導入実績をもつコンシストのエンジニアが、独自の観点で不動産管理のポイントをお伝えします。なかなか他社の状況を知る機会のない方や、一般的な管理の仕方がわからないという方必見です。

不動産テックとは?サービスの種類と活用するメリットを徹底解説!

ここ数年、不動産テックという言葉が注目されています。不動産テックは新しい不動産サービスの一種であり、日本の不動産市場に変革をもたらす可能性があるため、期待されているサービスです。今回は、不動産テックという言葉の意味やサービスの種類、そして不動産テックを活用することにより得られるメリットについても紹介します。

不動産業界の業務効率化は可能?業界の課題やシステム選定のポイントを紹介

近年、「働き方改革」という言葉を耳にする機会が多くあります。しかし、いまだに長時間の業務が必要な業界も少なくなく、不動産業界も、そのような業界の1つだといえます。そこで今回は、不動産業界の現状から具体的な課題、業務効率化に向けたツールを事例を用いて紹介します。

ITの導入が不動産業界に与える変化とは?開発が進む最新技術を紹介

不動産業界は、ITを導入することで、業務の効率化や労働生産性の向上に高い効果を発揮できる業界といわれています。その為、積極的に導入していくことが不動産業界で生き残るための鍵であるといっても過言ではありません。本コラムでは、不動産業界におけるITの必要性やメリットを解説いたします。

不動産業界の動向を分析!今後の課題や対策を徹底解説

近年、都心を中心にさまざまな施設やビルが建設ラッシュを迎え、活況に沸く不動産業界ですが、実はいくつかの課題を抱えており、不安な側面もあります。本コラムでは、今後の不動産業界における課題やその課題に対する対策を徹底的に解説します。

働き方改革を促す次世代賃貸管理業務のシステム化最新動向

皆様の会社では、システム化の整備はどこまでされていますか。
基幹システムの導入はもちろんのこと、周辺システムとの棲み分けやスムーズなデータ連携こそが競争力強化の鍵となります。
本コラムでは、システム化構想の考え方と最新のシステム化動向をご紹介いたします。

スケルトンパッケージのクラウド版/オンプレミス版をどう選択すれば良いか

「クラウド対応」とひとことに言っても、実は考え方はいろいろな考え方があるのを知っていますか。本コラムでは、システムを動かす上でクラウドにはどういった種類があるのか。また、クラウド版とオンプレミス版をどの様に選択すれば良いかをご紹介いたします。

統計分析を用いた次世代型事業収支シミュレーション

変動リスクも含めた事業収支予測はたてられていますか?本コラムでは、精度の高い事業計画策定の根拠となる‘ダイナミックDCF’という分析手法をご紹介します。

不動産管理システムの導入を阻む3つの壁

なぜ不動産業界は他の業界に比べて、システム化が遅れがちなのか。本コラムでは、不動産業界のシステム化動向とシステム化する際に壁となりうる3つのポイントを解説します。

ビル別収支管理システムの導入を妨げる理由

ビル別の収支を管理できている会社は、大手企業でも少ないのが現状です。収支把握の必要性はどこの企業もわかってはいるものの、システム化に踏み出せない理由は、どういったところにあるのか。
本コラムでは、業務の観点からシステム導入が難しい理由と、導入に向けて大切なポイントを解説します。

不動産業のコンプライアンスとは?具体的な違反内容を徹底解説!

不動産業者が行う取引は、法令上の取り決めが複雑であるため、コンプライアンス違反が起こりやすい傾向があります。本コラムでは、不動産業で起こりやすい「コンプライアンス違反の例」や「コンプライアンス違反を防ぐための組織的な取り組み」について解説します。

不動産管理スケルトンパッケージ

お問い合わせ