リスクアナリシスツール

資金・会計データをモニタリングし、いち早く異常を検知

SKELETON RATは、銀行の入出金データや会計システムの情報を取り込み、入出金や仕訳の異常パターンを検知します。
さらに異常の原因を調査し、財務リスクや不正リスクの可能性がある場合、アラート条件として定義することで、検知の精度を高め、リスク防止や万一の損害最小化を実現します。

SKELETON RATの3つの特長

  • Point 01

    銀行口座の入出金データと直接連携をするので、正確且つ、タイムリーに情報を確認する事ができます。

  • Point 02

    AI(機械学習)により高い精度で異常の検知が可能となる為、早期に異常を察知し、企業の経営リスクを低減します。

  • Point 03

    しきい値を設けて異常をスクリーニングすることで、子会社管理、監査業務を効率的に運用する事ができます。

SKELETON RATを活用したリスク分析サービス

コンシストのリスク分析サービスの活用で、様々な業務データから経営リスクの発見が可能です。

大手部品メーカー ニフコ様の事例
「会計データだけではつかめない入出金の異常を検知可能であることを検証」

目的

  • 海外現地法人の内部統制強化

対象データ

子会社から収集した入出金明細データ


主なリスク

貸倒リスク・不正支払リスク・流動性リスク・資金効率


成果

国内3社(14口座)、中国9社(100口座)、その他26社(173口座)、合計38社(287口座) の入出金明細をSKELETON RATに取り込み、1年半分の時系列変化を解析。
RATの解析により、会計データだけではつかめない入出金の異常を検知することが可能であることを検証しました。

会計フリー 共通会計システムを「freee」にすることで、容易かつスピーディにグループ全体のリスクを検知できます。コンシストは「freee」の認定アドバイザーです。

【コラム】ITを活用した先制型経営リスク管理のすすめ

経営環境の変化が著しい時代に貴社はタイムリーに意思決定し、行動に移すことができていますか。社内外の様々なデータから経営に関わるリスクを早期に発見し、先制型で対応するための手法とソリューションについてご紹介します。

【コラム】freee連携による先制型経営リスク管理

本コラムではクラウドやAI自動化など先端技術を強みにシェアを急速に拡大しているクラウド会計ソフトのfreeeを活用したグループ全体の経営リスク可視化と先制リスクの対応方法についてご紹介します。

お問い合わせ