Products公共施設マネジメント支援システム

基本機能(策定支援)

円滑な公共施設等総合管理計画策定を支援します

時代に適合した街づくりの実現には、公共施設管理計画の策定が不可欠です。
そのためにはまず公共施設の情報を整理して現状を正しく把握し、効果的な計画を策定するための準備が必要です。

SKELETON PREMSの基本機能として、現状把握と計画策定支援機能を設けています。

まずは自治体様の状況に合わせた現状登録フォームを用意し、自治体様の作業負荷を軽減いたします(STEP1)。
また、方針の策定にあたっては施設白書やカルテをシステムから作成することが簡単に出来るので、より効果的な計画を策定することができます(STEP2)。

STEP 1 現状把握

調査票による現状把握を行います。
調査票はExcelを利用したものと、画面にて直接データを入力するものがあり、自治体様の状況に合わせてご利用いただけます。

  • ・外部データ(固定資産台帳等)の初期取込
  • ・調査票(Excel)の出力及び取込
  • ・調査票の横並びチェック
  • ・外部へデータ提供(CSV形式等)

一貫した操作性と柔軟な連携

一覧画面、登録画面の操作性が一貫しています。
また、一覧画面から外部からのファイル入力、外部へのファイル出力が可能で、柔軟な連携が可能です。

指定項目の横並び確認で、入力仕様の統一化

多数の方が調査票を記入した場合、各項目について見解の相違が発生する場合があります。その際は施設データを横並びで確認する機能を有していますのでデータの整合性を保てます。

STEP 2 方針検討・確定

施設白書や総合管理計画において今後の方針を検討し、決定することを支援します。
施設カルテ、施設白書等を現状把握結果から出力し、広く住民に現状を正しく伝えたり、シミュレーションによって、より効果的な方針が策定出来ます。

  • ・施設白書の自動出力・版数管理
  • ・総合管理計画の自動出力・版数管理

簡単な操作で豊富なレポートやグラフを作成

各種図表・施設カルテ・施設白書総合管理計画等を簡易な手順にて出力することが出来ます。

お問い合わせ