Products公共施設マネジメント支援システム

オプション機能(実行支援)

管理計画策定後の円滑なPDCA運用を支援します

管理計画の策定後は実際に管理計画を実施し、実行計画の評価・見直しをすることが望まれます。
PDCAサイクルを回し、計画の評価を行ったうえで、より良い街づくりに向けて次のサイクルに移ることが重要です。

SKELETON PREMSのオプション機能として、実行計画と評価・改善の支援機能を設けています。 決定した計画の実施にあたり、計画の実行状況や保守・改修状況の監視機能など、計画の実施に向けた取り組みを支援します(STEP3)。
また、予実管理などの評価機能を活用することにより、実行計画の改善が可能となります(STEP4)。

STEP 3 実行計画・実践

決定された基本方針に従い、計画の策定や実施に向けた取り組みを支援します。
実行計画の策定支援、実行状況を監視する仕組みを有し、また、保守・改修工事状況を把握した上で年度予算の精緻化、シミュレーションの再実施を年度毎に簡易に行える仕組みを提供します。

  • ・公会計との連動によるリアルタイム把握
  • ・保守状況のリアルタイム把握による
  • ・施設管理システムとしての利用
  • ・予算立案補助

任意の項目で、Excel等を用いた分析の取込

各種分析・評価に関してはExcelへの出力を行うことが可能です。また、Excelにて分析した結果を保持し、履歴として管理することも可能です。

STEP 4 評価・改善

実行計画の達成状況をモニタリングする機能により、解決すべき課題を明確にします。
また、行政方針に基づく予算データとの連携により、予算と整合のとれた実行計画への組み換えが容易に行えます。

  • ・行政連動
  • ・予実管理 など

公会計とのシームレスな連動 (近日リリース予定)

総務省より無償にて提供される予定の公会計システムとの間でシームレス*なデータの受け渡しを行います。
*シームレスとは、バッチ処理等1日1回手作業によるデータ受け渡しではなく、「勝手に」データ連携されている仕組みです。

公会計連動

維持管理費、人件費等の費用及び利用料等の収入全体を連携。
また、固定資産台帳とも連携し、最新状態にデータを保ちます。

お問い合わせ