Products公共施設マネジメント支援システム

概要

自治体様の公共施設管理計画策定から計画実行、評価までワンストップで

地方公共団体において過去に建設された多くの公共施設等がこれから更新時期を迎えますが、自治体様の財政は厳しい状況が続き、また、人口減少・少子高齢化等により今後の公共施設等の利用需要が変化していくことが見込まれます。

こうした状況の中、自治体様は、公共施設等の全体を把握し、長期的視点をもって更新・統廃合・長寿命化などを計画的に行うことが求められています。
コンシストの提供する「公共施設マネジメント支援システム(SKELETON PREMS)」は、自治体様の公共施設管理計画策定における自治体様の作業負荷を軽減いたします。計画策定による財政負担を軽減・平準化、及び公共施設の最適配置を実現し、時代に即したより良い街づくりを強力にご支援いたします。

多くの施設を統合管理できないだろうか?利用状況が少ないから統合できないか?施設の補修状況はどうなのか多くの施設を統合管理できないだろうか?利用状況が少ないから統合できないか?施設の補修状況はどうなのか

自治体様が直面する課題を解決し、最適な公共施設管理を強力に支援いたします

公共施設マネジメントでは全ての公共施設の利用状況、修繕状況等を「見える化」した上で、今後発生し得る様々なコスト(ライフサイクルコスト)を試算し、予算に応じて最適な対策を講じ、継続的に計画の評価・改善を行う必要があります。

コンシストが提供する「スケルトンシリーズ 公共施設マネジメント支援システム(SKELETON PREMS)」は、自治体様の公共施設等総合管理計画策定から計画実行までの下記のような課題を解決し、作業負荷を軽減いたします。

データ連携により、庁内のデータ整合性を確保しつつ今あるものを有効に活用し、実体調査を踏まえたデータを追加することによって自治体様の保有する公共施設の様々な情報を「見える化」します。
広く住民の皆様に実状を把握していただく為の図表もテンプレートとして豊富に取り揃えており、自治体様の実情にあったものを選択して公共施設等総合管理計画策定にご活用いただけます。

また、計画実行時には施設評価、予算実績管理等を随時行い、将来的にも施設管理の核として活用いただけるシステムです。

主な課題例

現状把握→方針検討・確定→公共施設等総合管理計画策定→実行計画・実践→評価・改善

現状把握

  • ・公共施設のデータが一元管理出来ていない
  • ・更新コスト、運営コストの実態把握が難しい

自治体様の公共施設に関わる様々な情報をデータベースで一元管理できます。
各種コストの実績を格納することはもちろん、施設別・棟別の情報を一元管理することで、施設・建物に関わる種々の情報を様々な角度から取得でき、情報の把握・分析に活かせます。

方針検討・確定

  • ・資産評価に時間がかかる
  • ・方針決定の際に、複雑な分析・シミュレーションが必要

データベースに格納された施設・建物の情報から建物別更新費用シミュレーション、施設別更新費用シミュレーション、利用状況を把握できるグラフの出力等、様々な分析情報を出力できるため、方針の策定・検討に力強く対応できます。

公共施設等総合管理計画策定

  • ・公開する情報の指標が曖昧
    (どのような情報を出力するか、自治体様各々の考え方で決定しており、何が正しくて何が誤りなのか判断に迷うことが多い)

施設カルテを個別施設毎に出力することで、市民の皆様に施設の利用状況等を広く展開することが可能となります。
また、要求事項をベースとして図表・テンプレートを用意しておりますので、方針の検討結果に基づいた公共施設等総合管理計画や施設白書、カルテ等、すぐに公開可能な資料として簡単に作成できます。

実行計画・実践

  • ・中長期計画と年次予算との整合性がとれない
  • ・公会計との連携対応が必要

総合管理計画に基づき、毎年度の予算策定・計画実行を支援します。
予実管理と連動した振り返りを行うことで、中長期計画の見直しが容易となります。
また、公会計システムとの連動により、実行コストの入力をしなくても、施設に関わるコストの一元管理が可能になります。

評価・改善

  • ・評価・改善のための分析ノウハウが不足
  • ・インフラ資産について、予算単位の実績管理が出来ていない

更新費用シミュレーションの見直しを定期的に行うことで、将来的な変動要素にも対応可能な長期計画の策定が容易に行うことができます。

お問い合わせ