キャッシュマネジメントツール

活用事例(海外)

海外拠点の資金の統制を可能にするグローバルCMT

SKELETON CMTは国内に留まらず、海外銀行の口座と連携することが可能です。
海外で活動するグループ企業の資金を「見える化」し、効率的な資金管理を可能にします。

グローバルCMTの活用により、国内外の資金を一元管理

グローバルCMTの活用により、国内外の資金を一元管理することができます。 また、親会社の統括管理した資金情報はAzure等のクラウド基盤を使用することで全世界で共有することができます。

国内外の資金情報取得 海外子会社の口座 海外銀行A 海外銀行B FIDESMT940 国内子会社の口座 国内銀行A ANSER SKELETON CMT 親会社 海外・国内の資金統括管理 国内外の資金情報の可視化 資金情報の一元管理で、多様なレポーティングを実現(子会社別/通貨別/地域別) 内部統制の強化 ・入出金傾向の異常検知 ・回収遅延の検知

グローバルCMTの活用により、グローバルで資金情報を可視化

FIDES(*1)経由でMT940を取得し、グループ全体、グローバル全体でのキャッシュポジション、キャッシュフローを可視化します。

コンシストが銀行接続を斡旋・推進

各国の主要銀行のFIDES接続状況を確認し、お客様に情報提供します。
貴社メインバンクの銀行口座とのFIDES接続を斡旋・推進します。
また、グローバルCMTにより、親会社が作成した資金情報をOffice365で共有することが可能です。

*1)FIDES(Fides Treasury Services AG.)は、クレディスイスグループのマルチバンクサービスプロバイダである。企業がFIDESのサービスを利用する場合、SCORE(*2)に加盟する必要がない(加盟料不要)。

*2)SCORE(Standardised CORporate Environment)は、SWIFTの利用が認められた企業向けネットワークである。財務内容が健全な上場企業かつ金融機関の推薦が参加条件なので、中堅・中小企業にとって敷居が高い。

グローバルCMT活用事例(TMSとの連携例 大手商社様)

利用中のTMSとCMTをデータ連携し、欧州全体の資金繰り管理を実現

欧州資金統括会社は、所管する欧州子会社の資金繰り予定と実績の差異分析をCMTで実施します。
TMSから出力されるグループ会社の資金繰り予定・残高・入出金実績をCMTに取り込み、CMTのデータ分析、EXCEL加工・出力機能を活用。SaaSでは柔軟に対応できない詳細分析を実現します。

TMS CSV 残高・入出金実績 SKELETON CMT 欧州統括会社 TMSのデータを活用し、CMTで柔軟にレポーティングが可能

お問い合わせ