コンシストで働くということ

採用担当者からの声Voice From Recruiting Personnel

  • Y.RY.R

    Y.R

    採用担当として新卒・中途の
    採用活動を行いながら、
    新卒入社の社員の教育や研修も担当。

  • O.YO.Y

    O.Y

    新卒・中途の採用活動を行いながら、
    これから入社する内定者の
    ケアやフォローを担当。

Chapter 01コンシストに入社したきっかけ

自分の考えを聞いてくれる会社に初めて出会った。

Chapter 01 コンシストに入社したきっかけ
Y.R
実は転職活動中、IT系企業への転職は考えていませんでした。そんな私が入社した理由は、コンシストには働きやすそうな雰囲気がすごくあったから。面接の担当者が私の良いところを引き出そうとしてくださったことが、とても印象的でした。
O.Y
前職は勤務時間に関してかなり負担が大きく、ワークライフバランスが取れなくなってしまって転職活動を開始しました。
コンシストの採用担当者の募集を見つけて、前職は技術職で採用や事務の経験はありませんでしたが、思い切って応募してみました。面接を進めるなかで「上司部下関係なく、きちんと対話をしてくれるコンシストの社風」を感じて、入社を決めました。
Y.R
入社当時は銀行系(株式会社日本政策投資銀行(DBJ)グループの会社)ということで、堅いイメージがあったのですが、笑い声が響いている社内を見て、前向きな気持ちで日々仕事ができていますね。コンシストで働くようになってから、友人になにか楽しそうだね、と言われることが増えました。
O.Y
そうですよね。話しやすい環境を作ってくれている社風なので、逆に甘えず責任をもって仕事をしなければいけないと感じています。

Chapter 02コンシストという会社、人

「自分も頑張ろう!」って自然と思える会社なんですよね。

Chapter 02 コンシストという会社、人
O.Y
とにかく部署関係なく、親切な方が本当に多く、入社当時も今も感謝しながら勤務できています。業務のこと、それ以外のことも丁寧に教えてもらっています。
Y.R
穏やかな雰囲気なので、落ち着いて仕事が進められるのがいいですね。あと、顧客を大切にしながら自社ブランドも社員のことも大切にしてくれる会社だなと感じています。
また、コンシストで活躍している人は、目先の案件だけを無理に追うのではなく、将来的にそれが会社にとって良いのか悪いのかを考えた上で、「お客様のために頑張りたい」という姿勢の方が多いですね。特に“汲み取る力”が強いです。お客様が“言葉にはしないけれど、当たり前に感じていること”というのが必ずあります。それを推測し、引き出し、汲み取るマインドで接しているので、喜んで頂ける提案、結果というものをつかむことができていると感じています。
O.Y
確かにそうですね。社内外問わず「もっとこうしたほうが良くなる」というその先の提案ができる方が活躍していますね。業務に関してもスキルアップに関しても、「もっとこうだったら」という課題を見つけて、それを改善するために努力される方も多いです。
Y.R
スキルアップサポートも充実しているので、外部研修を受けたり、資格取得に向けて個人で努力されたり、本当にみんな勉強熱心ですね。
研修に行くことを義務付けている訳ではないのですが、「先輩たちが日々の業務をしっかりこなし、部下たちの話も親身に聞いて、そして見えないところで勉強して努力しているのだから、自分も頑張らなきゃ」と自然に思えるのではないでしょうか。
O.Y
そうですね。若手社員、ベテラン社員問わず、皆さん積極的、且つ責任を持って仕事に取り組んでいます。
Chapter 02 コンシストという会社、人

Chapter 03就職活動中の皆さんへ

あなたを知りたい、話を聞きたい。そして対話しましょう。

Chapter 03 就職活動中の皆さんへ
Y.R
まず、私たちが採用担当として意識していることは形式的な面接ではなく、皆さんがリラックスしてお話しできる雰囲気づくりをすること。きちんと対話をすることで、入社後のミスマッチが両者共に起こりにくいのではないでしょうか。
O.Y
そうですね。対話をすることで、どのように努力してこられたのか、それをどのようにコンシストで活かしていきたい、また活かしていける方なのかを知ることを大切にしています。
私の経験上ではありますが、現在就職活動されている方々へお伝えできることは、「何を基準に会社選びをするのか」が大切だということです。私はこれまで知名度や会社の規模だけを見て会社選びをしてきた為、入社後の違和感が多かったです。私にとって大切だったのは、社員を大切にしてくれるのか、働きやすい環境なのか、またきちんと貢献していきたいと思える会社なのかということでした。周りの意見に流されず、ご自身が何を大切にされたいのか、今後の人生で何を実現されたいのかを踏まえて会社選びをされると良いかもしれません。
Y.R
あるメディアで経営者の方々が、「これからの時代は、ずっと学び続けられる環境が更に必要になってくる」と記されていました。コンシストは入社後4ヶ月の研修(新卒社員の場合のみ)やスキルアップ管理票で上長と目標と進捗を共有したり、外部研修サポート、資格取得制度があったりと、学び続けられる環境が整っていますし、プラスと思うことは積極的に導入していく会社です。これからの時代に合った働き方、学び方ができるコンシストで皆さまと一緒に仕事できれば嬉しいです。

よくあるご質問FAQ

Q1新卒採用の流れはどうなっていますか?
①説明会兼選考会→②一次選考(面接・Web試験)→
③二次選考(最終面接)→オファー面談(条件面談)→内定
場所は、弊社での実施となります。(スカイプや電話での面接は実施しておりません。)
Q2配属先の決め方やキャリアプランを教えてください。
新卒社員は研修後、本人の希望と適性を踏まえて各部署に配属され、それぞれのキャリアプランに向かっていくという流れとなります。様々なキャリアプランがありますが、代表的なものとしてプロジェクトリーダー・プロジェクトマネージャーを経て管理職を目指すコース。技術系コンサルタント、業務系コンサルタント、データサイエンティストなど専門職を目指すコースがあります。
Q3教育制度はどうなっていますか?
新卒研修は4か月間です。4月〜5月は、ビジネスマナーやITの基礎を学ぶ外部研修を受け、6月〜7月は、社内で実践的なトレーニングを実施します。その後は、中途採用と同様、年度初めに上長と相談の上、当年度の教育計画をスキルアップ管理票にまとめます。5年後、10年後に到達したいポジションを定め、これを目指すための外部研修への参加、資格の取得、年度末の目標値を設定します。半年ごとに上長と振り返りを行い、進捗状況をフォローします。理論と実践を中長期的に積み重ねて、スキルの向上を図り、キャリアを形成して頂きます。
よくあるご質問 FAQ
Q4女性が活躍できる会社ですか?
性別に関わらずご活躍いただける企業風土です。女性比率は全体の35%ほどを占めており、管理職として会社経営の一翼を担う女性も複数名います。産休・育休制度からの復職率は100%であり、短時間勤務や在宅勤務制度も複数名の実績がございます。
Q5専門知識や経験が無くても大丈夫でしょうか?
新卒社員の文理比は、理系45%、文系55%となっており、文理の差はございません。専門知識や経験が無くても入社後に先輩たちが丁寧に指導いたしますので、自身で積極的なスキルアップを図れる方をお待ちしております。
Q6福利厚生はどのようなものがありますか?
リフレッシュスペースには、無添加のパン、有機野菜、低カロリーのお弁当等を会社の補助で安く購入できるほか、マッサージルーム等の設備もあります。その他、有給休暇とは別に、記念日休暇やリフレッシュ休暇の付与等、充実した福利厚生は弊社の大きな魅力の1つです。
よくあるご質問 FAQ
ページトップへ