= 永年勤続表彰者の声 =

コンシストには長期就業を奨励し、長く会社に勤務している社員を表彰する制度「永年勤続表彰」があります。
2020年度は4名の社員が表彰されました。コンシストを選んだ理由、ここまで働き続けてきたコンシストへの想いを紹介いたします。

※コロナウイルス感染症拡大防止のため、マスクをつけたままインタビューを実施しました。

“こうなりたい”を実現できる会社

K.M 勤続20年目

K.M 勤続20年目/インフラ事業本部 副本部長

前職では電気通信工事者でしたが、IT技術者への転職を志望し、自分にとってのIT技術者のイメージが一致していたコンシストに入社しました。コンシストは“社員のために”という想いが強く、業務や提供するサービスについても、自身の中にある”こうしていきたい”という想いを伝えていけば、それを実現できるよう全面的にバックアップしてくれました。自分がやりたいと思うことを、ずっとやり抜いてきたと感じています。だからこそ、ここまで働いて来られたのだと思います。

応募者へのメッセージ

自分がどう成長していきたいのか、どこを伸ばしていきたいのか、自分自身のキャリアをしっかり見据え続けていれば、上司や同僚も一緒に考えサポートしてくれる会社です。

入社後のキャリア

2000年 入社
     インフラ業務全般を担当
2012年 課長 就任
2015年 部長 就任
2019年 事業副本部長 就任

周囲に支えられ、前向きに取り組めた

Y.M 勤続20年目
Y.M 勤続20年目/ソリューション第2事業本部 本部長

転職活動をしていた当時、雑誌に掲載されていたコンシストの記事を見て、自由闊達な雰囲気を感じ、コンシストの仲間として一緒に働きたいと思い入社しました。20年間も働いていますから、これまで様々な仕事に携わった中で、上手くいかないことも多々ありました。その中でも働き続けられた理由は、周囲の社員に恵まれ、その方々の支援を受けながら前向きに仕事に取り組むことができたからだと思います。

応募者へのメッセージ

コンシストは手堅い社風と柔軟な社風がバランス良く織り交ざった会社です。様々な仕事の場があるので、”こういうことをやりたい”というはっきりとした気持ちを持っている方にピッタリの会社だと思います。

入社後のキャリア

2000年 入社
     顧客に提供するシステム開発を担当
2014年 課長 就任
2016年 部長 就任
2021年 事業本部長 就任

ライフイベントに寄り添ってくれた20年間

I.T 勤続20年目
I.T 勤続20年目/業務管理本部 業務管理部 プロジェクトマネージャー

前職では二次請け・三次請けの案件かつ客先常駐がほとんどで、自社としての強みや事業継続性に疑問を感じていました。そんな中、元請け受注100%で自社基盤を製造していたコンシストに魅力を感じ、入社しました。20年間の間に様々なライフイベントがありましたが、産休・育休・時短勤務といった制度が充実していたため、女性でも働き続けやすく、やりがいのある業務に携わることができました。

応募者へのメッセージ

コンシストは教育体制が整っている会社なので、ITの基礎知識や経験が無い方でも、学ぶ意欲さえ持っていれば大歓迎です。自身で積極的にスキルアップを図れる方をお待ちしています。

入社後のキャリア

2000年 入社
     社内基盤の開発、顧客向け不動産管理業務を担当
     各部門の開発支援を担当
2020年 社内システム運用保守・社内教育を担当

公私ともに大きく成長できる環境

K.J 勤続10年目
勤続10年目/ITアドバイザリー事業本部 第3部 課長補佐

前職は多忙で自己学習の時間が取れなかったため、基盤がしっかりしていて地に足の着いた会社で働きたいと思い、コンシストを選びました。結果として、業務を通してはもちろんですが、自宅で学習できる時間も増え、資格勉強等にも取り組めたので、知識を体系的に整理することができ、大きく成長できたと感じています。社員は会社をより良くしていこうと真摯に取り組んでいる人が多く、会社も個人個人の意見を大切にしていて、とても居心地が良いです。上司や同僚にも恵まれ、気が付いたら働き続けて10年が経っていました。

応募者へのメッセージ

政府系金融機関のグループ会社ということもあり、こつこつと物事に取り組み続けて持続的に成長していきたいと思う方には良い会社だと思います。コンシストには長く働ける制度や環境が整っていますよ。

入社後のキャリア

2010年 入社
     金融機関の情報系システム新規構築 PLを担当
     複数の開発プロジェクト PMを担当
2014年 コンサルタントに転身
2018年 課長補佐 就任
     システム企画、業務改善のITコンサルティングを担当

ページトップへ